本文へジャンプ

学長メッセージ

岡山大学は、中期目標として「人類社会の持続的進化のための新たなパラダイム構築」を掲げており、これまで、11学部7研究科を擁する総合大学としての特色を活かしながら、「自然と人間の共生」に関わる、環境、エネルギー、食糧、経済、安全、教育等々の諸課題に対して、既存の知的体系を発展させた新たな発想の展開による問題解決を目指してきました。特に、平成6年10月には、全国の国公立大学の中で初めての環境系学部となる環境理工学部を創設し、平成17年4月には大学院環境学研究科を設置するなど、環境分野における教育・研究機能の充実に努めてきたところです。また、その成果は、21世紀COEプログラム「循環型社会への戦略的廃棄物マネジメント」や魅力ある大学院教育イニシアティブ「『いのち』をまもる環境学教育」などの拠点形成事業の採択に結びついています。
この度、ユネスコから設置認可を受けた岡山大学ユネスコチェアは「持続可能な開発のための研究と教育」を目的とするものであり、大学院環境学研究科が21世紀COEプログラムや魅力ある大学院教育イニシアティブの事業を通じて進めてきた「アジアにおける環境学の教育研究拠点」の形成に一層の弾みがつくものと期待しています。
一方、岡山県内には、故谷口澄夫岡山大学元学長を代表とする「岡山貢献トピア構想」の下で、地域を挙げて国際貢献活動を推進する動きがあり、平成16年には「岡山県国際貢献条例」が制定されました。
また、平成17年には岡山地域が「国連持続可能な開発のための教育(ESD)」の地域拠点に世界で最初に認定されており、環境分野での国際貢献が ESDの取り組みが活発に展開されています。
岡山大学ユネスコチェアでは、地域における行政機関、NGO、NPOなどと緊密な連携を取りながら、アジア・太平洋地域、アフリカ等の発展途上国を対象とするESDの理解と実施に向けた教育プログラム開発や国際貢献活動を積極的に展開していく予定です。
岡山大学ユネスコチェアの設置申請に当たりましては、文部科学省、岡山県、岡山市、国連大学、岡山ユネスコ協会、岡山ESD推進協議会、岡山県国際団体協議会、岡山理科大学などを始めとする関係機関から、多大なご支援を賜りました。
各界各位におかれましては、岡山大学ユネスコチェアに対して一層のご支援・ご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

国立大学法人岡山大学長 森田 潔